FUJIYAMAGEISHA GALLERY No.020 - No.029



029.jpg


029-fujiya /フジヤ

oil on canvas, F50: 1167×910mm


describes a great shape of Fujiya building in Ginza, Tokyo.


見慣れた光景から、特徴的な形と色を抜き出すと、意外な世界が広がります。直線は曲線の中に溶け込み、全景は背景とつながり、色と光が融合します。

有楽町不二家のビルの爽快感は、地下鉄の出口から出た瞬間に、襲ってきます。これは普通ではない。

曲面で構成された色とりどりの広告の上に、サイケデリックな形が乗っかる。その不可思議な様子は、夜のネオンになるとさらに加速されます。 そしてそれは背景のビル群や街自体から完全に浮いている、ように見えて、見事なコーナーの集約となっているのです。

これを表現するにはどうしたらいいのか。デッサンでもない、強調でもない、背景と一体化した曲線の群れ。そしてクライマックスのオレンジに向けた幾何学群。


owner: no


https://www.flickr.com/photos/yujimac/11263291173/




028.jpg


028-rain-forest-001 /熱帯雨林001

liquitex on canvas; F50: 1167×910mm


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/11250938715/




027.jpg


027-dolphins /いるか

liquitex on canvas; F50: 1167×910mm


shows deep emerald green sea in Okinawa.


ハワイのいるかです。


owner: yes


http://www.flickr.com/photos/yujimac/11251140605/


027-installed.jpg

アトリエに置いたところ




026.jpg


026-a building @1st ave /1番街のたてもの

oil on canvas, F50: 1167×910mm


wow! what a nice old building!!


ニューヨークのアパートメントは、外壁に非常階段という分かりやすい特徴を持っています。

そして、人が住むアナログな雰囲気を作ります。

それは繰り返されているはずのパターンが、微妙に崩れているためです。窓は開いている、閉じている、半分空いている。壁は塗られている、剥げている。階段の形も、斜めの角度も、さまざまです。

一つ一つの窓に反射される反対側の空は、建物に奥行きを作りつつ、その中のくらしをすかし見せてくれます。

そして一階には顔の違うお店が、ところ狭しと入っています。

生活の中で溶け込んでいくいろいろなかたち。

線でできているはずなのに、どこか懐かしいやわらかさがあります。

色を溶かして、流してみよう。

とろける非常階段、ゆがむ壁面。。。懐かしい描き方になりました。1番街には、夢が詰まっているのです。。。


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/10839202385/




025.jpg


025-round waves/湾曲する波

oil and liquitex on canvas, F50: 1167×910mm


shows deep wild forest in Okinawa.


波は、怖いです。

飛び込むと、猛烈な力で持って、流されます。

一方向を目指して泳いでいても、否応なしに他の方向へと連れ去られます。

大島の海に飛び込んだとき、はるか南海に抜けた台風のうねりが大きく身体を捉えてきました。

その力は、いつもの色と、見た目の形を描いただけでは表現しきれません。巨大なウネリは山のようです。波の意思は、あちこちに強烈なインパクトを隠し持っています。

この絵では、その力と意思を表現するために、大きくデフォルメされています。見た目から大きくゆがめた方が、実際の体感に遥かに近いのです。二次元で四次元プラス現象を表現する醍醐味はここにあります。

いつものグラデーションの丸子が子どものようです。垣間見える珊瑚は、お客さんでしかありません。

遠くに見える島は、大島の体をなしていますが、遠い目標のようなものでしょうか。

見えそうで、手が届きそうで、まったく寄り付けません。


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/9623400861//




024.jpg


024-yakushima colors /屋久島の色

oil on canvas, F50: 1167×910mm


shows nature colors of mountains in Yakushima Island. in Sothern Japan


屋久島の森。一枚の絵でその豊かさをどう表現すればいいか。動きをどう表すか。細部にこだわりがちだったところから、自然のパッションだけを引っこ抜いて、一枚の風景を超えて、山の、自然の全景を一気にぶちまけると。。。色が飛び出してきました。そして瑞々しい水。019の弟だけれど、ずっと抽象度を上げて、完成です。


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/9358174469/




023.jpg


023-alamoana waves /アラモアナの波

oil on canvas, F50: 1167×910mm


shows alamoana beach in honolulu.


ハワイシリーズ第一弾。アラモアナの波。波はどのスケールで描いても、フラクタルな相似形をしています。大きな波とみてもいいし、ミクロな部分を拡大しているとみてもいいのです。そしてハワイの波は、どこまでも青く、みどりで、澄んでいます。太平洋のど真ん中を切り取ったようなあおみどり。


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/9226953659/




022.jpg


022-nightswim /ナイトスイム

oil on canvas, F50: 1167×910mm


shows wild sagami gulf.


ナイトスイムのとき、海は、真っ暗ではありません。どころか、海は夜、活性化しています。魚は飛び上がり、夜光虫は光り、ざわめく生命の息吹であふれかえっています。


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/9181351008/




021.jpg


021-sagami gulf-2 /相模湾2

oil on canvas, F50: 1167×910mm


shows wild sagami gulf.


原点に戻って、再び相模湾です。また相模湾を渡りました。今度は行きと帰りでまったく違う顔を見せてくれました。それもいくつも。これは荒いときです。うねってます。そして、この絵は、ヤバイ。


owner: yes


hhttp://www.flickr.com/photos/yujimac/9069464908/




020.jpg


020-yakushima forest /世界遺産の森@屋久島

oil on canvas, F50: 1167×910mm


shows deep emerald forest in Yakusima island.


屋久島には世界遺産の森があります。そこは縄文杉のある苔むす原生林とは少し違う、明るい照葉樹林の森です。それでも緑が深く、きみどりが美しく、清廉な水が形づくるとてもきれいな森です。少し具象度を上げると、ざわざわ動く森を感れるようになります。


owner: no


http://www.flickr.com/photos/yujimac/9023747434/




GALLERY /ギャラリー


060-069

050-059

040-049

030-039

020-209

010-019

001-009